晴れたらやまのぼり

長野の山を中心に、ゆるーい山行記録

2021.09.13 三ノ沢岳 大絶景の山頂を独り占め

今年行きたかった山行をようやく一つ達成しました。

中央アルプス 三ノ沢岳で山頂を独り占め」

です(*'▽'*)

 

独り占めを可能にすべく、紅葉前の平日に狙いを定め、有給を使って行ってきました。

 

6:00 菅の台バスセンター

駐車場空いてます。山頂独り占めに順調な滑り出し…と思ったら始発7:15のバス時間が近づくにつれてどんどん混んできました。最終的には3台臨時バスを出して、始発前から並んだ人を上に運んでいました。初めて来たから分からないけど、きっと紅葉シーズンの混み具合からしたら全く大したことはないのでしょう…。

 

バスとロープウェイを乗り継いで千畳敷へ。

f:id:chipaca21:20210917210845j:plain

すでに感動。テンション上がる。

 

まずは40分ほど登って稜線上へ出ます。

f:id:chipaca21:20210917210848j:plain

登り始めから森林限界を超えているのですごく気持ちがいいです。

 

空がきれいで思わず撮っちゃう。

f:id:chipaca21:20210917210852j:plain

もうほとんどお花は咲いてなかったのですが、チングルマの綿毛がたくさんあって、風にそよそよとなびいていました。1ヶ月前はお花畑だったんだろうなー

f:id:chipaca21:20210917210859j:plain

 

9:00 極楽平

これから向かう三ノ沢岳が姿を現しました。

f:id:chipaca21:20210917210855j:plain

楽しみすぎる(*'▽'*)

 

いかつい宝剣岳さん

f:id:chipaca21:20210917210903j:plain

怖いけどいつか登ってみたい…

 

では、三ノ沢方面へしゅっぱつ!

三ノ沢岳までは200m下って200m上がるので1日で2回登山したような気分を味わえます。

f:id:chipaca21:20210917212945j:plain

アップダウンを繰り返しながらハイマツ帯をひたすら歩きます。これ半袖半ズボンだと痛いです。

 

ちなみに今回の山行は途中でスマホを落としましてほんっとに焦りました。チャックのないポケットに入れていたので、足を大きく上げたときに落ちたみたいです。

幸い、落として5分後くらいに気づいたので引き返す距離も少なく、谷底にスマホが落ちることもなく済みました。

大事なものはチャック付きの場所に入れましょう。(あたりまえ)

 

どっちを向いてもいい景色でなかなか足が進みません。

f:id:chipaca21:20210917213447j:plain

 

 

11:00 三ノ沢岳

すばらしい!!

f:id:chipaca21:20210917212941j:plain

すごくいい景色!(語彙力がなくてすみません)

f:id:chipaca21:20210917212938j:plain

f:id:chipaca21:20210917212934j:plain

f:id:chipaca21:20210917212931j:plain

高曇りの日って、雲が湧いてくることも霞むこともなく、遠くまでくっきり見える気がします。

 

キングベッド?ってくらいの大きくて平らな岩があったのでもう寝転がってしまいました。

f:id:chipaca21:20210916220034j:plain

最高であります。

でも太陽が照りつける中で寝転がるなんて、肌を焼きに行ってるようなもんです(笑)

 

写真撮ったり、ボケーっとしたり、気づいたら2時間も山頂でまったりしてました。名残惜しいけどロープウェイの時間もあるので下山します。

 

変わらずいい景色だあ。

f:id:chipaca21:20210917214335j:plain

先取り紅葉もありました。

f:id:chipaca21:20210917213444j:plain

いかにもライチョウが居そうなハイマツ帯だったので、奥のほうでガサゴソ言っていないか何度も耳を澄ませてみましたが、残念ながら今回は発見できませんでした。まあそんな運良く会えませんよな。

 

その後もあまりに景色が良すぎて帰る気にならず、最終ロープウェイの時間までうろうろしつつ景色を楽しみました♪

 

---------

今回は360度景色がよく、静かでとても気持ちいい山行でした。この1か月はもやもやとしたことがあって、山に行く気も起きないくらい気分が晴れなかったのですが,一気に吹き飛びました。

やはり山はいいなあ( ̄▽ ̄)

 

そろそろ紅葉の季節がやってきますね。今年の色づき具合が楽しみです(*'▽'*)

2021.09.11 天狗岳 やはり八ヶ岳は魅力的な山です

しばらく間があきました。いろいろあって、1か月ぶりの山行です。

久々のお山は会社の同僚と八ヶ岳天狗岳へ行ってきましたのでその記録です。

9:00 唐沢鉱泉 登山口

前日の仕事が遅くなるということで、9時登山開始です。ソロだったら9時開始は怖くてできない(なんかあって日が暮れたらオワル)のですが、今日は複数かつ山のベテランさんがいるので安心です。

唐沢鉱泉って駐車場あんまりなかったし、9時だとどれくらい下りて路駐になるんだろう…(°_°)って1人でドキドキしてましたが、ちょうど朝下山してきた人が帰るところだったので、道路を歩かずに済みました。ないすたいみんぐ。

 

まずは樹林帯を歩きます。こちらのルートは苔少なめ。

f:id:chipaca21:20210914215154j:plain

 

2時間ほど登ると展望地に出ます。ガスりそうな天気ですが何とか姿を見せてくれる赤岳さん。

f:id:chipaca21:20210914215150j:plain

 

ここからは岩をよじ登ります。八ヶ岳は最後の30分にゴツゴツ岩を登ることが多い気がします。

 

ガスったり、、

f:id:chipaca21:20210914215146j:plain

5分後にもう一度見ると晴れていたり、、忙しい天気です。

f:id:chipaca21:20210914215142j:plain

 

12:30 西天狗岳

向かいに東天狗と根石岳が見えます。

f:id:chipaca21:20210914215138j:plain

いろんな方向に延びる登山道から人が歩いていて面白い(°▽°)

 

13:00 東天狗岳

ガスに追いつかれました( ;  ; )

f:id:chipaca21:20210914215158j:plain

意外と寒くて風もそれなりに強かったですが、お腹が空きすぎたのでお昼ご飯です。

いまいち山頂の気候がわからなかったので、冷やしフルーツにするか、あったかコーンスープにするか悩んだのですが、コーンスープで正解でした!これからの季節はサーモスの山専ボトルが大活躍です。

 

少し時間が押しているのでササっとご飯を食べて黒百合ヒュッテに向かいます。

 

天狗の奥庭にもイルカ岩!?

f:id:chipaca21:20210914215134j:plain

同僚にはイルカに似てないとバッサリ言われましたが、勝手にイルカ岩と呼ばせていただきます。

 

14:30 黒百合ヒュッテ

写真がないですが、何やら木材をヘリで何度も往復して運んでおりました。増築でもするのかしら?

 

下山ルートは苔ワールド(°▽°)

f:id:chipaca21:20210914215129j:plain

登山道の岩に苔がびっしり付いていてかなり危険。1人3回は滑りました(笑)

それでも先日行ったニュウ周辺に匹敵する苔のふさふさ具合に大満足です。幻想的。

 

一緒に来ていたベテランさんは屋久島に行ったことがあるそうで、「屋久島の苔もすごいけど、北八のを見てたから感動が薄かった」と言っておりました。これはユネスコに怒られるやつww

 

16:30 唐沢鉱泉

なんとか暗くなる前に下山できました。山だと日没の1時間ぐらい前から暗くなってきて不安になりますよねえ。

 

駐車場までの林道脇に唐沢鉱泉の源泉がありました。

f:id:chipaca21:20210914215126j:plain

いい感じの深さだったのでここで露天風呂しよう!とか冗談で言ってましたが、触ってびっくり、お風呂じゃなくてプールでした(笑) 鉱泉てことを忘れておりましたよ。

 

あったかい唐沢鉱泉のお風呂に入りたかったのですが、みんな同じ会社に勤めているので室内のリスクは避けようと判断し、今回はやめておきました。

コロナは人間のブラックな一面をあぶり出すなあと最近実感しています(´-ω-`)

 

-----------

そんな感じ?で、このルートは樹林帯→岩よじ登り→ザレザレ→ゴロゴロ岩→苔ルートと変化に富んでいて個人的にかなり楽しかったです!

 

最近八ヶ岳のルートをいくつか歩いてみて、その魅力が少し分かった気がします。

  • ルート選択が多様で個性が出る
  • 行く山やルートによって雰囲気が違う
  • 日帰りしやすい
  • 色んなルートから人が歩いてくる安心感

ざっと私が思ったのはこんなところです。

他のルートも歩いてみたくなったので、地図とにらめっこしつつ八ヶ岳全峰行けたらなーと思います!

次こそ主峰赤岳?!(°▽°)

2021.08.11 平標山-仙ノ倉山 ガスガス強風のお花畑を散策

先日の大雨から一気に季節が進みましたね〜

もう今年の夏はクーラーの役目が終わったかなと思うほど涼しい今日この頃です。

 

さて、少し遅くなりましたが、お盆前に群馬と新潟の境目にある平標山に行って来ました。2年前に一度行って、稜線歩きがかなり気に入ったお山です。お花畑が有名ですね。

chipaca.hatenablog.com

お盆期間は天気が悪い予報だったので、快晴とはならないだろうなーと思っていましたが、この日を逃すとさらに天気は崩れるばかりだったので、台風が去ったのを狙って行って来ました!

 

22:30 元橋駐車場

今回は久々に車中泊です。家から登山口まで片道3時間半なので、早起きするにはちょっと厳しい距離なのです。

雨はザーザー降りだし、風も車が揺れるほど強くて明日登れるか不安なまま就寝。

 

4:30 起床

雨と風はおさまって、空も明るくなってきています。

朝ごはんを食べて着替えたら、日の出とともにしゅっぱつ!

 

7:00 松手山

なんだか晴れそうな気がしないでもない天気(どっちや)

f:id:chipaca21:20210821170428j:plain

風が思っていたよりも冷たくて、汗が急速に冷えました。低体温症、キケン(◞‸◟)

なんだか夏の生ぬるい空気というよりは秋の空気を感じました。

 

ここから平標山までの1時間半はお花畑を楽しみつつゆったりと...

f:id:chipaca21:20210821172414j:plain

と歩きたいところだったのですが、とにかく風が強くてまったりと花の写真を撮っている余裕はありませんでした(笑)しかもガスってくるし意外と寒い!

f:id:chipaca21:20210821170424j:plain

それでも一面のお花畑には癒されます。

黄色はキオン、赤はシモツケソウ、ハクサンフウロなどなど調べ切れないほどお花がたくさん咲いてます。

ウメバチソウが「これからは私の季節だよー」と言わんばかりに蕾を引き連れていたのが一番印象的でした。

f:id:chipaca21:20210821170415j:plain

 

9:00 平標山

ガッスガスだあ

f:id:chipaca21:20210821170411j:plain

お隣の仙ノ倉山までは1時間。景色を見ながらの稜線歩きが楽しいのにこのガスじゃなあーー(´-ω-`)と迷いましたが、せっかく車中泊して新潟まで来たので思い出づくりに登ることにします(笑)

 

平標山までの道にはなかったリンドウが咲いていました。

f:id:chipaca21:20210821172410j:plain

 

10:30 仙ノ倉山

ガッスガスのガッスガスだあ

f:id:chipaca21:20210821172405j:plain

本当は谷川岳が見えるはずなのですが…見事に真っ白でした。

 

平標山まで戻るとガスが晴れてきていました。

向かいは苗場山

f:id:chipaca21:20210821172419j:plain

この奥志賀あたりは、家からのアクセスが良くないのでまだ行ったことがない山ばかりです。鳥甲山とか白砂山、荒船山など行ってみたいお山はまだまだたくさんあるのです。

 

下山は平標の家経由で下ります。こちらのコースは延々と続く木道階段がウリです。

真ん中にちっちゃく見える赤い屋根の建物が平標の家。そこまでずーーーっと階段です。

f:id:chipaca21:20210821170406j:plain

 

平標の家から見た山頂。晴れてるーーー

f:id:chipaca21:20210821172424j:plain

登山者なら誰でも一回は経験する「下山すると晴れる」の法則。でも仙ノ倉山は雲がかかってて何故かホッとする(えっ)

 

ここからの下山もひたすらに木道階段。f:id:chipaca21:20210821170359j:plain

足がプルプルになりながらお昼過ぎには駐車場に到着しました。そのあとは温泉でまったりしつつ下道で帰宅です。

 

混んでるかなあと思ったのですが、夜明けと共に登ったこともあってすれ違いも少なく、静かな山行ができました。でももう少し遅い時間に登ったほうがガスは晴れてただろうなー。

それでも久々にお花畑を堪能できて楽しい山行でした♪

やっぱりシーズンのうち1回はお花畑に行っときたい(*'▽'*)

2021.07.22 美ヶ原-茶臼山 新たな良さを発見する

4連休ですね~、SNSでみんなの山行を見るのが最近の夜の日課になりつつあります。

 

さて、4連休1日目にいつもの美ヶ原に行ってきました。いつもは美ヶ原の王ヶ鼻で景色見てそのまま下山しているのですが、今回は初めて行くコースを使いつつ美ヶ原-茶臼山を縦走しました。新たな発見があり楽しい山行でした♪

 

6:00 三城牧場登山口

朝方はひんやりとした空気で気持ちがいいです。

二人の小径コースでしゅっぱつ!

 

登山道はこの子がいっぱい咲いてました。調べても出てこないから野草系なのかも。

f:id:chipaca21:20210808160738j:plain

わたし先週の編笠山でアブに足を2か所刺されたんですよ。今でも意識するとかゆくなっちゃうんですけど。

アブは二酸化炭素とか汗に寄ってくるとネットで見たので、今回は試しに「汗かいたらすぐ拭く」「ゼーハー言ってあからさまに二酸化炭素を排出しない」という効果があるのかないのか?よくわからない作戦をとってみました。

結果、なんか効果ありそうでした。頭上を「ブーン」という羽音はするものの、近づいてくることも追いかけてくることもありませんでした。わたし透明人間になれたのかな?

 

1時間半ほどで一度開けます。今日も快晴!

f:id:chipaca21:20210808142758j:plain

 

8:30 王ヶ鼻

ここはいつ来てもいい景色だあ

f:id:chipaca21:20210808160627j:plain

何回来ても写真撮りたくなっちゃう。この構図の写真わたしのスマホに10枚くらい入ってるわ(笑)

 

朝ごはん少なめで登ってきたのでここで2度目の朝ごはんをしつつ、同じタイミングで登ってきた陽気なおじさんとアウトドア談義に花を咲かせておりました。

•••なんと話が盛り上がりすぎて1時間も経過していました(°▽°)

雲がモクモクと上ってきて北アルプスも半分くらい隠れてしまったので、おじさんに挨拶してアルプス展望路へ。

真夏に美ヶ原に来たのは初めてだったのですが、思ったよりもお花畑!

ハクサンフウロ、一番咲いてました。この花が今の美ヶ原の主役ですね。

f:id:chipaca21:20210808160730j:plain

 

コウリンカ

f:id:chipaca21:20210808160717j:plain

 

ウスユキソウ

f:id:chipaca21:20210808160707j:plain

 

アザミもけっこう好きな花です

f:id:chipaca21:20210808160644j:plain

 

先週西岳で見た赤い蕾を引き連れた黄色い花を美ヶ原でも見つけました。気になりすぎて調べたら赤いのは蕾じゃなくて葉っぱの先端でした(笑)よく見たら確かに!

f:id:chipaca21:20210722205342j:image
シナノオトギリっぽいですが、ググり始めたらキリがなかったので同定は諦めました( -∀-)

 

ザ・夏の高原って感じです

f:id:chipaca21:20210808142804j:plain

 

展望路を楽しんだら茶臼山へ。
去年の山行で道迷いしたところ分かりやすく立ち入り禁止になってました(笑)

f:id:chipaca21:20210808160655j:plain

chipaca.hatenablog.com

 

10:30 茶臼山山頂

写真撮り忘れました。王ヶ鼻よりも八ヶ岳が近くに見えるのですが、今日は雲で隠れちゃってました。

 

下山は茶臼山から三城牧場へ行くルートを初めて使います。

意外とコケてます。しばらく雨が降ってないから乾燥岩のり?ってぐらいカラッカラでしたが、梅雨時期だったら北八って言われても納得する苔の量でした。

f:id:chipaca21:20210808161114j:plain

 

徒渉するところが2か所あります。水量少なかったので大丈夫でしたが、大雨の翌日は渡れない気がします。登山道も倒木や寸断でルート変わっていたので割と荒れ気味です。

f:id:chipaca21:20210808160634j:plain

ピンクリボンや矢印はしっかりしてるので、周り見ながら歩いてたら迷うことはなさそうです。

 

最後の1時間ほどは沢沿いを歩きます。

f:id:chipaca21:20210808142809j:plain

 

f:id:chipaca21:20210808143749j:plain

水が冷たくて気持ち良いです。タオルを濡らして首に当てるの最高。

 

12:15 三城牧場

下山後は待ちに待ったソフトクリーム!やっぱり夏のソフトクリームが一番ですね。

 

美ヶ原の登山道は単調なツヅラ折りの樹林帯ってイメージだったので、今回使った沢沿いのコースは変化も色々あってかなり楽しかったです。わたし沢沿いのコースを歩くの結構好きだな~と今回の山行で思いました。瑞牆山の不動沢コースも楽しかったし。

景色もよく、新たな発見もあり満足な山行でした♪

2021.07.18 編笠山-西岳 360度の展望を眺めに

甲信越地方の梅雨も明け、この土日はお天気最高でしたね!麓からでも北アルプスはずっと姿を見せていたので、土日に泊まりで山へ入った人は大展望だっただろうなーと思います。

 

そんななか私は八ヶ岳のはしっこ、編笠山に行ってきました。最近八ヶ岳に行く回数が多いです。ある山域に1回行くとハマるのは私あるある。

5:10 富士見高原登山口

ここの登山口はスキー場の駐車場をそのまま使えるので、満車になる心配がないのです。山梨県側の観音平登山口よりもコースタイムは30分ほど長くなりますが、精神的な安心はあります(笑)

ひんやりした高原の空気のなか、しゅっぱつ!

f:id:chipaca21:20210810135130j:plain

まずは3時間以上ひたすら樹林帯を歩きます。

ニホンジカが葉っぱをハモハモしておりました。

f:id:chipaca21:20210810135125j:plain

めっちゃ見てくるやん。

 

編笠山って麓から見ると裾野がすごく広いんですよね、富士山みたいな感じで。なので最初の1時間半ぐらいは急でも平坦でもないダラダラとした樹林帯を進みます。

f:id:chipaca21:20210810135120j:plain

7合目ぐらいから一気に急登になり、岩ゴツゴツな登山道になっていきます。

 

山頂直下で一気に開けます!

f:id:chipaca21:20210808141829j:plain

今日はやばい、当たり日です。

会社の人に「最近の人は良くても悪くてもやばいやばい言いよる」と言われたけど、やっぱり言いたい。今日の山頂はやばい。

 

8:30 編笠山山頂

山座同定が楽しい大展望!

f:id:chipaca21:20210810135110j:plain

f:id:chipaca21:20210810135741j:plain

 

くっきり富士山

f:id:chipaca21:20210810135101j:plain

そういえばこの土日から富士山の夏山シーズンスタートしたみたいですね。

 

夏山感満載の八ヶ岳

f:id:chipaca21:20210810135115j:plain

ここに「八ヶ岳 厳選10ルート」とか文字入れたら山と渓谷の表紙いける。

 

1時間ほど景色を堪能したら青年小屋へ向かいます。整然と岩の上で干される布団たちよ。

f:id:chipaca21:20210810135057j:plain

奥に見えるピークが権現岳です。

当初の計画ではこの権現岳まで行くつもりだったのですが、休憩込みで+2時間半になるので疲労度的にキツイかもなあと思い、諦めて西岳経由で下山することにしました。10時間も歩くことになるしそりゃあ疲れるか。

日帰り山行だと見どころあれば行けるとこまで行きたくなっちゃって、長時間の山行計画になりがちなんですよね。「ここでこういう状況だったら下山しよう」っていうのは決めてるんですが、自分の想像よりも自分は歩けないというのを毎回実感しています(-∀-)

 

10:30 西岳

雲が湧いてきました。夏ですね。

f:id:chipaca21:20210810140506j:plain

西岳は主脈から外れているからか訪れる人が少なくて静かでした。展望は編笠山に劣りますが富士山、南アルプスが見えて十分好展望の山です。

 

さっき登った編笠山が目の前にいます。自分が通ってきたルートが分かって面白いですね。

f:id:chipaca21:20210810140511j:plain

あまり見たことがない花が咲いてました。

f:id:chipaca21:20210810135106j:plain

f:id:chipaca21:20210810135052j:plain

やたら目立つピンクの花と、赤色の蕾を引き連れた黄色い花。

 

30分ほど休憩したら、太陽もジリジリ照り付けてきましたので下山です。20人ほどとすれ違いましたが、みんな泊まり山行っぽい大きなリュックでした。いいないいなーテント泊。

 

下山後は富士見町のゆーとろんで汗を流して帰宅しました。

ゆーとろん水神の湯|入笠山の麓、8種の露天風呂が特徴の日帰り温泉

 

そんな感じで夏山シーズン1山目は360度すべて見渡せる大満足の山行でした。今年の夏はどの山に行こうかなー?(°▽°)

2021.07.10 ニュウ-白駒池 雨が似合う苔の森へ

今週は毎日雨、雨、雨ー!

雨でも楽しい山はないだろうか......

ということで、苔の森と言われている北八ヶ岳の白駒池-ニュウへ行ってきました。

苔がイキイキしている雨の日がおすすめということで、今の時期にぴったりです。

5:45 麦草峠 駐車場

苔見るだけなのに行くの早すぎじゃね?と思われる方もいるもしれませんが(笑)、週末の八ヶ岳は早すぎるくらいの行動が重要なのです、個人的に。

なぜなら八ヶ岳にある無料駐車場はとにかく埋まるのが早い(°_°) 雨でも爆風でも関係なく八ヶ岳は人気の山域ですよね。

あとは、昼ごろから天気が回復する雰囲気もあったので、あわよくば天狗岳まで行っちゃおうかな•••と計画を立てていました。

 

良いのか悪いのか、ざーざー降りの雨だったおかげで駐車場はまだ余裕がありました。

雨と分かって来たとはいえ、あまりの降りっぷりに行くかどうか少し悩みましたが、森に入れば雨粒も気にならないだろう!と決意を固めてしゅっぱつです。

f:id:chipaca21:20210711200120j:image

まずは20分ほど森を歩いて白駒池へ。ちょうど雨も止んできていいタイミングでした。


真っ白な白駒池

f:id:chipaca21:20210711200139j:image
やはり晴れてないと何がなんやらです。

 

ニュウの森

f:id:chipaca21:20210711200254j:image
f:id:chipaca21:20210711200251j:image
苔すごーーー。今までの山で見た苔とはちょっとレベルが違います。

あとね、この森なんかいい匂いがするんですよ。よく柔軟剤とかで、森林浴の香りやらグリーンなんちゃらの香りやらあるじゃないですか。

森ってこんな匂いしないし(-_-)ってずっと思っていたのですが、匂いしたわ•••!

これはなんなんだろう。マイナスイオン?雨だから?誰かアロマでも焚いた?謎すぎる。

 

8:45 ニュウ

眺望なーし。結構眺めのいい場所って聞いてたんだけどな(´-ω-`)

f:id:chipaca21:20210711200312j:image

この後も50分ほど苔の森を歩きます。

 

9:30 中山峠分岐

左へ行けば中山峠経由で天狗岳へ、右へ行けば高見石小屋経由の下山コースです。

天狗まで行っても真っ白で絶対展望はない、ぬかるみだらけで泥水が靴に染みてて既にグジャグジャ。

でもここまで来たしもったいないかなあ。

•••と悩んだのですが、展望ないのに登っても楽しみがないので下山することにしました。"晴れたらやまのぼり"がいつからピークハンターになったのだ自分よ。

 

高見石小屋の揚げパンは今回スルー。高見石も真っ白なのでスルー。こんなに展望地に興味を持たない山行は珍しいですよ!

 

丸山で苔の撮影会をしてみました。

f:id:chipaca21:20210711200622j:image

f:id:chipaca21:20210711200609j:image
苔の森はエフェクト使えば誰もがいい感じの写真にできて楽しい。

f:id:chipaca21:20210711200837j:image
うるおいキノコ。かわゆい。

f:id:chipaca21:20210711201448j:image
アナゴかな?

 

下山したら駐車場は晴れていました(-_-)登山あるある。

 

小梅町のヤッホーの湯で汗を流して帰宅です。

今回の山行は標高差はそれほどでしたが、10km以上歩いたのでいい感じに疲れました。

 

私は景色を見るために山登りをしてるので、今まで雨の日は山に行こうと思わなかったのですが、今回行ってみてちょっと考えが変わりました。

シトシト雨の音を聞きながら水分たっぷりの森の中を歩くのは気持ちがいいですね。

雨の日の山は危ないことも多いので積極的に行くことはないですが、場所を選んでまた行きたいなーと思います(°▽°)

2021.07.03 ラジオを聴いて白馬五竜植物園

NHKラジオ第一の土曜朝8時からやっている石丸謙二郎の山カフェをたまに聞いています。

最近ずっと山に行けてないなーと思いつつラジオを聞いていたところ、白馬五竜植物園の園長さんが出ているではありませんか!

天気は悪いけど雨は降らなそうだし花でも見にいこかーというこうとで、ラジオに誘われて北アルプス五竜岳のふもとにある白馬五竜植物園に行ってきました。

 

 

久々の白馬村はテンション上がります(*'▽'*)

もし宝くじ当たったら会社など即刻やめて白馬に移住するんだあ。

 

もしかしたらを期待したけど山はガスガス

f:id:chipaca21:20210704100547j:image

 

花がいっぱいありすぎたので印象に残ったやつだけ。

 

めずらしい白コマクサ!

f:id:chipaca21:20210704150852j:image

 

海外コーナーにあったチングルマの綿毛らしきもの

f:id:chipaca21:20210704150946j:image

日本の10倍くらいこんもりしててびっくり。やはり海外はスケールが違います…風にそよそよとなびくイメージでしたが、なんかどっしりしてました(笑)

日本のはこんなん。

f:id:chipaca21:20210704151626j:image

わたしが知ってるのはこれだよ。

 

透明な植物発見!

f:id:chipaca21:20210704151008j:image

ギンリョウソウ。葉緑体がないので植物と共生する菌類から栄養をもらってるそうです。植物=緑色っていう固定観念があるから、茎も葉っぱもあるのに植物に見えない不思議。

 

ラジオで植物園の園長さんが好きと言っていたイワベンケイ

f:id:chipaca21:20210704151017j:image

思ってたのと違った(笑)

ラジオって自分で想像しながら聴けるから楽しいですよね。

 

唯一山が見えたのはこれだけ。

f:id:chipaca21:20210704151026j:image

八方尾根ですね。ガスが取れそうな雰囲気があれば小遠見山まで行こうかなーと思ったけど、分厚い雲が鎮座してたのでなーし。晴れていれば白馬三山の絶景が広がっているのですが、やはり梅雨時期はダメですね~ 

 

わたしの1番のお気に入りはこの子です。

タカネマツムシソウ

f:id:chipaca21:20210704151052j:image

8月末が見頃なのでまだ咲いていなくて写真しかなかったのですが、去年のお盆に浅間山で見てきれいな花だなーと思っていたのです。

8月末の八方尾根にたくさん咲いているらしいのでまた来よう!

 

帰りは八方の湯でまったりして帰宅。今の時期はオフシーズンなので、お風呂もお店も空いてて快適でした。

 

梅雨が明けたらいよいよ本格的な夏山シーズンですね。なんだか2週間天気を見てたら、来週末くらいから甲信越は晴れそうな雰囲気...?(°▽°)